小学校受験絵画

【習い事】受験絵画一日10分の練習方法を塾に聞いてみませんか?

小学校受験で必要な考査として
絵画がある学校が多いのですが
絵画はすぐに上手にならないので
悩まれている方は多いと思います

なんでも描いてみてと言われて
苦手意識のある子は
手が止まってしまうのは当たり前です

できない時こそ
一緒に描いてみようねという
作業が必要になります

1日10分で絵が上手くなる方法という
本がありますが、その練習方法が
わからなくて無駄にしてしまったという
方も多いと思います

子供に取って絵が嫌いになってしまう
きっかけは一人でやらされる
単純作業です

例えばただ写すだけ
まるを塗り続けるだけ
言われた通り形を描くだけは
子供にとって苦痛でしかありません

書道で最初に線を横に引いたり
まるを筆で引かされるのですが
全然面白くなくて
2ヶ月これが続いていたら
やめていたかも知れません

わからないまま
練習する時が一番しんどいのは
ゴルフやテニスやお料理と
似ております

わかって工夫できるように
なれば楽しいのですが
わからないまま練習だけさせられると
100パーセント絵が嫌いに
なってしまうので

30分でもいいので誰かと一緒に
楽しく描くことが重要になるのです

ママアンパンマン描いてと
言われた時の
お母さんは絵が上手でないから
描けないという刷り込みは最悪です

下手でもお子様のために
アンパンマンを描いてみてください
お子様はどんなアンパンマンでも
大喜びします

逆に下手だから描けないと
断ってしまうと下手なら描いてはダメなんだ
という刷り込みになります

歌も同じです
下手だから歌いたくないとお子様の
前で言ってしまうと
歌を下手だったら歌わない方が
いいという刷り込みになってしまうので

どうしても苦手なら専門家に
任せてください
黒板

一日10分トレーニングは模写よりも「なぞる絵」がいい

 

苦手意識をとるには
1日10分色々なものをなぞり絵を
するだけでも上手になります

右のものを強制して模写させるのではなく
トレッシングペーパーでなぞってみましょう
はっちではなぞる用の絵もご用意出来るので
ご相談ください

同時に色々な物の名前も覚えて
一石二鳥です
それをズームで見せながら絵を描いてみせる
授業も有効的です

 

絵は目の前で描いてみせることが重要

はっちには大きな黒板があって
一緒にチョークで絵を描くことが
出来ます。

先生と一緒にチョークで絵を描くと
色々な絵を描いてお見せすることが
出来ますので、今絵に悩んでいる子ほど
その方法が効果があります

はっちの授業は2時間からですが
黒板の授業でしたら
30分で出来るので
授業の合間に来れる方がいらしたら
単発レッスン月3回のお授業お引き受けすることを
可能にいたしました。

チョークの粉塵のご心配の場合は
コピー用紙でも行います
ズームでの授業も可能ですので
他の絵画教室に通っている方も入会可能です

クレヨン
クーピー
鉛筆 色鉛筆
で3回に分けていただいても
可能です

お問い合わせ
タマネギくん
タマネギくん
メールまたはLINEから
お気軽にお問い合わせくださいね