お受験

早稲田実業や慶應義塾幼稚舎の受験はなぜ難しいのか、併願校の準備もやっておくことが重要

難関校と言われている「早稲田実業」と「慶應義塾幼稚舎」の受験について
一番大事なことを今日はお伝えさせていただきます。

「早稲田実業」「慶應義塾幼稚舎」を受験される方に一番お伝えしたいこと

早稲田実業や慶應義塾幼稚舎受験をするときは
併願校の準備も
大切でということです。

併願校の準備についてお話をさせていただくと
かなり驚かれます。

早稲田実業や慶應義塾幼稚舎受験には、
併願校の準備も忘れずにやっておくこと
大事です。

合格できる確率

では、なぜ併願校の準備が必要なのかを
ご説明させていただきます

併願校の準備が必要な理由は
早稲田実業や慶應義塾幼稚舎に
合格することは大変難しいので併願をしましょう。

首都圏には、
たくさんの私立小学校があります。

早稲田実業や慶應義塾幼稚舎に合格をいただく倍率
は高く、実は、公表されている数字より
実質の倍率は2倍くらい高いです。


慶應義塾幼稚舎は
他の首都圏のどの学校より
ハードルの高い学校なのです。

「早稲田実業」「慶應義塾幼稚舎」と併願校対策の準備が大事


大事なポイントとして
学校別対策クラスがある塾でお勉強したり早実や
慶應向けの体操教室、絵画教室に通って
幼稚舎の対策をすることです。

対策を知っている方は
その厳しさをよくご存知なので
事前準備は万全で望まれているのではないでしょうか。

ですが、気をつけたいことがあります。

希望校対策だけに
注力をしてしまうと

「併願校の対策ができなくなってしまう」

ということです。


つまり、せっかく小学校受験の準備を頑張ってきたのに

「どこにもご縁がない」

という残念な結果になってしまう可能性があるのです!!

ですので、幼稚舎を受験されるのであれば、
ご縁がいただけない場合に備えて
併願校の準備も万全にしておくことが大事です。

慶應義塾幼稚舎に合格するために必要なこと

例えば、ペーパーテストがある学校であれば
ペーパーテストで点数を取れるようにすれば
ある程度合格に近づけることができます。

慶應義塾幼稚舎では、
ペーパーテストがありません。

個別考査も面接もありません。

慶應義塾幼稚舎では
どのように合格を決めているのかと言うと

  • 「運動テスト」
  • 「行動観察テスト」
  • 「絵画制作テスト」
  • 「願書」

これらを通して
お子さまがどれくらい優れているかを判断しています。

そして、そのテストの中で
幼稚舎の先生の目にとまることができれば
合格できるというわけなのです。

併願校のご準備には「慶應義塾横浜初等部」

それでは、最後に併願校について
アドバイスをさせていただきます。

併願校をお考えでしたら

「慶應義塾横浜初等部」は

慶應義塾幼稚舎のためにされた
対策を活かすことができます。

早稲田実業は併願校とかぶる確率がありますが
慶應義塾幼稚舎と
考査の日程がかぶることがありません。

「慶應義塾横浜初等部」を併願されるのはベストなんですが
慶應義塾幼稚舎と考査日がかぶらない
別の併願校もお考えいただくと良いでしょう。

お問い合わせ
タマネギくん
タマネギくん
メールまたはLINEから
お気軽にお問い合わせくださいね